So-net無料ブログ作成
検索選択

阿部の打撃・坂本の走塁、勝利への執念の差が明暗を分けたのでは?それでも選手・首脳陣のみなさんに感謝! [阪神]

阿部の打撃・坂本の走塁、勝利への執念の差が明暗を分けたのでは?それでも選手・首脳陣のみなさんに感謝!

今日も予想通りの接戦となりましたが、
最後は追撃及ばず、阪神の2015シーズンは幕を閉じました。

スポンサードリンク


前の記事でも流れは完全に阪神だなんて勝手に鼓舞してましたが、
蓋を開けてみれば巨人の方が明らかに勝利への執念が勝っていたのかなと感じました。

■本日の阪神スタメン
1番(遊)鳥谷
2番(二)大和
3番(右)福留
4番(一)ゴメス
5番(左)マートン
6番(三)関本
7番(中)江越
8番(捕)鶴岡
9番(投)能見

今日のスタメンはちょっと驚きましたね。

あまり当たってない上本に代わり、昨日スーパープレイを見せた大和を2番セカンド。
勢いそのままスタメン起用したのか、それともどうせ打てないならと守備重視ということなのかわかりませんが。

そして、引退する関本もスタメン!
左のポレダということもありますが、良太より期待できるのでこれはありだと思いますが。

そして、能見-鶴岡バッテリー。岩田-梅野だと思ったんですけどね~。

能見は危惧していたとおりあまり良くなく、
1番立岡スリーベースでいきなりピンチを招き、4番阿部にあっさりと犠牲フライで先制点を許しました。



阿部は今季2割4分、15本と苦しんでおり、なぜ4番に座ってるのかもわからないくらいでしたが、
ホームランバッターの阿部がバットをやや短く持ち、なりふり構わずなんとしても勝ちたいんだという強い意志を感じました。

その後は能見も悪いながらも5回1失点で切り抜けましたが、
阪神打線がポレダを全く打てる気配がない・・・。

5回にゴメマーの連続ヒットでチャンスを作り、関本・江越は連続三振。
そして鶴岡に代打の新井良太もショートゴロで得点ならず。

解説も言ってましたが、鶴岡に代打出すつもりだったなら関本バントでしたかね?
関本を信頼してるってことなのかもしれませんがどうなんでしょう。

そして次の回からキャッチャー梅野。能見は続投。
このコンビがありなのであれば最初から梅野でいってほしいんですけどね~。

そして次の回で能見の代打上本。
この回の最後で大和が凡退し、大和が退き、上本がセカンド。え???

正直上本は代打一打席で引っ込むと思ってました。
1点負けてるから攻撃重視でって意図だとは思いますが、
ここで大和引っ込めるなら最初から上本使えよって思いました。

これで守備の切り札・大和はもう使えなくなりました。
打撃の調子がよくないから上本はスタメン落ちしたと思ってましたが、
大和より打撃で期待してるんならなんで最初から使わないんだと・・・

梅野についても同じです。阪神で今一番打ってるのに・・・。

もう点取る気あるんかって話です。

そして、6回から2番手で岩田。
リリーフの経験は殆どないですが、奇しくもこの回が勝負の分かれ目になってしまいました。

1アウト一三塁のチャンスで4番阿部に回ってきたわけですが、
右手一本で一二塁間を破る技ありのタイムリーで追加点を与えてしまいます。

そして続く5番長野の打席でも岩田は続投。
解説の水野も慣れないリリーフなんだから代えてやるべき、ベンチが責任取るべきとしきりに言ってましたが。
もう一点もやれないのでなんで続投させたんですかね?

そして、岩田ワイルドピッチで、三塁ランナーの坂本がホームへヘッスラで突入!
梅野も必死でタッチにいくも際どいタイミングでセーフとなり、これで0対3と致命的な失点。



こういう際どいクロスプレーって野球の醍醐味でもありますが、
結局これも勝利への執念の差でしょうか。

次の回で福留のソロホームランでまだ終わってないぞ!ということを見せ、
9回でも澤村から鳥谷・西岡の連続ヒットでチャンスを作り、ランナー二三塁でラスボス・ゴメマーに回す見せ場を作ってくれました!

最後はゴメス三振、マートンショートゴロでゲームセット。
結果としては主軸で点取れなかったから負けたという今シーズンを象徴するような試合ではありますが・・・



阪神の選手たちが必死にやっていたのはわかってます。
大和のヘッスラ、梅野のダイビングタッチ、福留のホームラン。

しかし、巨人の選手たちの方が勝利への執念のいう点では上回ってたように見えます。

あとは福留にホームラン打たれた後、原監督はスパッとポレダを代えましたが、
岩田をすぐ代えられなかった和田監督とは大違いと言いますか、監督の采配の差もはっきり出てしまったのかもしれません。

まあでもウダウダ言いつつも、CSはハラハラするようないい試合ばかりだった・・・と勝手に思ってますw

和田監督も采配についていろいろ言われながらも、この戦力でよくここまで戦ったと思います。
選手、コーチ、監督と長い間本当にお疲れさまでした。

そして関本もこれで本当に引退。最後の試合も戦力としてスタメン出場。
普通に戦力として痛いですが、本人が決めたこと。長い間お疲れさまでした。

これから焦点は新監督による新政権、助っ人選手の動向になるのでしょうか?
あと藤浪だけプレミア12に選ばれてますね。

一部の一軍選手もフェニックスリーグで経験を積みに宮崎に合流するのかもしれませんが、
来季に向けてガッツリ練習してほしいです。



スポンサードリンク


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
ブログランキング、にほんブログ村に参加してます。
記事見て良かったらクリックして頂けると嬉しいです。励みになります。


★当ブログはリンクフリーです。
★相互リンクも募集中です。


ブログを作る(無料) powered by So-netブログ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
ブログランキング、にほんブログ村に参加してます。記事見て良かったらクリックして頂けると嬉しいです。励みになります。


2週間で球速・飛距離アップ!上達DVD    阪神タイガースチケット