So-net無料ブログ作成
検索選択

マット・ヘイグ(Matthew Hague) 阪神の新外国人 打撃はマートンタイプ、サードの守備は?(動画あり) [阪神]

マット・ヘイグ(Matthew Hague) 阪神の新外国人 打撃はマートンタイプ、サードの守備は?(動画あり)

久しぶりに阪神について記事書く気がしますがw

阪神はマートンが退団してセンターとレフトは若手中堅で競わせる方針になり、
代わりに内野手のマット・ヘイグ(Matthew Hague)の獲得が決まったようです。

スポンサードリンク


191cm,102kgの30歳。
ポジションはWikipediaではファースト、サード、ライトと記載。

2008年にピッツバーグ・パイレーツに9巡目指名されてプロ入り。
2012年にメジャーデビュー、2014年終盤にトロント・ブルージェイズへ移籍して現在に至る。

メジャーでの実績はあまり豊富ではないようですが、
今年3Aで136試合、打率.338、11本、92打点とブレイクし、リーグMVPを獲得。







動画を見る限り、構えは中島みたいですねw

11本っていうのは試合数に対して物足りない感じもしますが、
日本だったら20本くらいは期待していいんですかね?

広角に打て、選球眼が良くてコンタクト率も良く、三振が少ない好打者のようです。
さながらマートンタイプの選手のようです。

守備に関してはファーストに関しては動画にもある通り安心して任せられますが、
サードに関しては決して高い守備率ではなく、不安があるようです。

ゴメスの残留は確定している為、サードでの活躍を期待されてると思われますが、
もしサード守備があまりにもひどかったらどうなんでしょうか?

それとも最初からレフトかライトでの起用を考えてるんでしょうか?
そうするとペレスとも被ることになりますが・・・

少なくともサードの守備はキャンプの前からきっちり練習してきてほしいです。

打撃に関しても打撃コーチの手腕が大きく問われそうな気が・・・
今年は関川コーチによって春先から打線が崩壊状態になってましたが、今年はどうなりますかね?

外国人はやっぱりシーズン入ってみないとわからないので、いい方に転ぶことに今期待しておきたいです・・・



スポンサードリンク


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
ブログランキング、にほんブログ村に参加してます。
記事見て良かったらクリックして頂けると嬉しいです。励みになります。


3位の侍ジャパンはもっと経験豊富な首脳陣を希望。新生阪神からもいずれは新たな代表選手が出てくることを期待! [阪神以外]

3位の侍ジャパンはもっと経験豊富な首脳陣を希望。新生阪神からもいずれは新たな代表選手が出てくることを期待!

今さらながらですが、
このブログによく貼ってるYoutubeチャンネルを関連リンクに載せました。

Torafuguチャンネルは結構野球以外の動画(政治、経済、事件等)も多いですが、
追加で貼ったdougaconvenidougadamashiiNekomajinXは野球動画オンリーです。

今アクティブで動いてるのはdougaconveniですので、
いち早く動画をチェックされたい方はチャンネル登録して頂ければ幸いです。

侍ジャパンのプレミア12も終わってオフシーズンに入るので、更新頻度は必然的に減ると思われますが・・・

スポンサードリンク


さて、阪神選手が一人も参加してない今回のプレミア12ですが、
準決勝の韓国戦で痛い逆転負けを喫したものの、昨日のメキシコ戦では打ちまくってコールド勝ちを収め、
1位韓国、2位アメリカ、3位日本、4位メキシコという結果に終わりました。

韓国戦はご存知のとおり、
大谷が7回まで韓国打線をほぼ完璧に抑え、8回からは則本が登場。

則本は8回は完璧に抑えたものの、9回に掴まり、1点返され、ノーアウト満塁で松井裕樹に交代。

バッターは韓国打線で一番当たってた3番金賢洙(キムヒョンス)。
松井裕樹は押し出し四球を与えてしまい、1点差に迫られた状態で増井に交代。

バッターは4番李大浩。流れには逆らえず、案の定タイムリー打たれて逆転タイムリーを献上!







この後はなんとか追加点は与えずに1点差で切り抜け、
9回裏の攻撃に懸けるも、今大会絶好調の中田が2アウトから出塁するも、
今大会調子が悪く、怪我もしてる中村剛也が代打で凡退して試合終了。

当然の如く、優勝の期待が大きかったばかりに小久保監督の采配に批判が集中してるわけですが、
ファンから見れば不可解な継投だっただけに致し方ないといったところでしょうか・・・

不可解な継投は主に以下4点。


①圧倒的なピッチングを見せてた大谷を7回85球で降板させた

→7回は確かに抜ける球が何球も見られ、飛ばしてきたツケが出てる感じがしました。

これだけ圧倒的なピッチングしてるならそれでも基本続投でしょ!って見方も多いと思いますが、
イニング跨ぎせずにスパッと替えたのは、他にもいいピッチャーがいるわけですし、個人的には一応ありだとは思ってます。

②1イニング目は圧倒的でも、2イニング目は不安定になることが多かった則本を9回も続投させた

→今大会は則本も圧倒的なピッチングをしてたピッチャーの一人だと思ってますが、
 2イニング目はいつもランナー溜めてギリギリだったことも多く、9回はかなり不安に見てました。
 大谷が8回までいってたら9回則本で安心でしたが・・・

③2点差、9回ノーアウト満塁の大ピンチの場面で、予選で不安定だった増井裕樹を投入

→前の試合まで見る限り、菅野・西・小川・松井・増井の登板は今大会でないだろうと思ってました。
 この場面で四球の不安のある最年少の松井を投入してくるとは思いもよりませんでした。
 そして、悪い予感は的中したわけですが・・・

④1点差、9回ノーアウト満塁の絶体絶命の場面で、前のプエルトリコ戦で3ラン打たれた増井を投入

→松井の投入と同様、びっくりしました・・・。
 なぜトーナメントでこうも打たれてるピッチャーを敢えて出すんでしょうか???
 
 まあこの場面なら誰が出てきてもじり貧ですが、
 増井が出てきたのは李大浩との相性がシーズン中良かったから???
 相性よりも調子の良し悪しを考慮して起用して欲しいところですが・・・ 


予選でいいピッチングしてた大野、山崎、牧田は出番ありませんでしたね。
大谷が7回までとするなら、8回に山崎か牧田、9回に則本という継投なら結果的はどうあれ個人的には納得してました。

さらに嶋のリードが9回まずかったとか、
仁志コーチがゲッツー欲しさに三塁線締めてなかったとか他にもいろいろ言われてますが、
そういう細かい部分はテレビで見ててもよくわからなかったのでその辺は特に意見はありませんw

結局監督どころか指導者経験のない小久保をなぜか監督に据えたこと、
脇を固めるコーチ陣も指導歴が経験が浅い人が多いのがまずかったんでしょうね。

次のWBCは来年3月ですが、シーズン前で、しかもMLB選手も出てくる大会なので、
そんなに打てないだろうから僅差の試合が増えてくると思いますし、
ますます監督の采配が重要になってくると思われます。

シビアな試合展開での状況判断は長年の経験が必要になってきます。
一番適任なのは今シーズン限りで巨人監督を退いた原ではないでしょうか?

小久保についてはNPBで監督経験を積んでからでいいと思いますが・・・
商業的な打算とかではなく、本気でWBC勝ちに行くなら首脳陣の人選は見直すべきでしょうね。

ただ、選手については負けたのが逆にいい経験になったのは間違いないでしょう。
覚醒(?)したかもしれない中田、圧倒的なピッチングを見せた大谷、
いいところで起用されて打たれた松井などなど。

藤浪が辞退したことで誰も阪神の選手がいなかったのは寂しいですけどね・・・
数年前にはいずれ上本兄弟が代表の二遊間を!なんて未来を密かに期待してましたがw、現実は厳しいですね~。
そもそも崇司の方に至っては広島で一軍にすら定着できてないですしねw

藤浪以外にも新生阪神から新たに代表選出されることを期待したいと思います。




スポンサードリンク


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
ブログランキング、にほんブログ村に参加してます。
記事見て良かったらクリックして頂けると嬉しいです。励みになります。


★当ブログはリンクフリーです。
★相互リンクも募集中です。


ブログを作る(無料) powered by So-netブログ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
ブログランキング、にほんブログ村に参加してます。記事見て良かったらクリックして頂けると嬉しいです。励みになります。


2週間で球速・飛距離アップ!上達DVD    阪神タイガースチケット