So-net無料ブログ作成

上本「最強2番」目指す?いやいや、目指すは「最強1番」でしょ!!! [阪神]

上本「最強2番」目指す?いやいや、目指すは「最強1番」でしょ!!!



スポーツ新聞でも一面に出てるようだし、
ネットでも記事になってますが、上本「最強2番」目指すって記事になってますね!



スポンサードリンク




気が付けば上本も阪神入団8年目。選手会長3年目で、今年で節目30歳になるシーズン。

何度もブログで語ってきてますが、
個人的にアマチュア時代から注目してた上本が阪神に入団してから
私も本格的に阪神に注目し、応援するようになりました。
(まあ入団前から阪神ファンではありましたが、そこまで熱心でもなかったと思います。
ちなみに子どもの頃は巨人ファンでした。田舎だったんで巨人戦しかテレビ中継なかったですしね・・・)

正直阪神に入団してくれるとは思ってませんでした。まさかドラフト3位で獲れちゃうのかって感じでしたw

地元広島が岩本か上本どちらか1位指名するって話でしたが、
当時の広島には東出というセカンドのレギュラーがいて、東出を尊重したいという球団の気持ちなのか、
それとも大学でフルイニング出場&100安打はしてるものの、4年生になって打撃成績が芳しくなかったことが
スカウト陣の評価を大きく下げたのか、広島は岩本を指名、他球団も2位まで指名せず。

ただ、指名順位は3位でも球団の期待は大きく、与えられた背番号は4。
高校・大学(※)でずっとつけてた、まさに上本の為の背番号!

※高校で一時キャッチャーやってた時(2)と、大学でキャプテンやってた時(10)だけ4じゃなかったです。

確か当時の真弓監督(だったと思いますが)がドラフトで指名した選手の中で
誰に期待するって質問に対して上本の名前を挙げてたのを覚えてます。

1年目は二軍で試合に出続け、2年目に二軍で打ちまくり、
ネット上では一部の若虎ファンが「今上に上げなくていつ上げるんや!」と大盛り上がりw

そして7月に念願の一軍入り!
二軍で毎試合マルチヒット打ってた時もテンション高かったですが、
この瞬間はキターーーーって感じでしたねw

初出場は守備から途中出場。
当時の阪神のセカンドは平野だっただけに結構意外でしたが。

そして次の日に金本の代走で出場し、二盗試みた時に体に当たってホームまで還って阪神逆転し、
大和と一緒にその日のヒーローインタビューに。
これ見てこの選手は持ってるな~って思った人も多いんじゃないですかね。

これがきっかけで一軍に残ることができ、
初ヒットも打ち、さらに地元広島でスタメン抜擢されて猛打賞の活躍!
プロ野球選手として大きく一歩を踏み出した2年目だったと思います。

3年目以降では鳥谷が一時突き指したり、
平野が不調だったりしたこともあって出場機会が増え、
足だけじゃなく、長打も打てるところも証明できましたが、
怪我も相次いでなかなかフルシーズン一軍で戦えないシーズンが3回続きました。

しかし、選手会長に就任した2014年シーズン。
開幕直後に、西岡が守備で福留で激突して離脱してから状況は一遍。
セカンドレギュラーにつき、急にバットを極端に短く持ってから大活躍!

夏場に激痩せし、指骨折して一時離脱も経験し、
終盤失速したものの、初めて規定打席にも到達。
来期以降の飛躍を大いに期待できる内容だったと思いました・・・

ですが去年のシーズンはなかなか厳しかったですね。
まあ打線は軒並みみんな苦しんでる中、勝負強さを発揮して健闘してる方だとは思いますが、
打ってもそれ以上にエラー連発して一人相撲だとスポーツ新聞に記事にされたり、
相次ぐ怪我による離脱を余儀なくされ、結局なんとか規定打席は打てたって程度の成績に落ち着くことに。

しかも終盤は、開幕当初はセンターのスタメンだった大和が、
離脱した上本に代わってセカンドにつき、持ち前の好守備を連発!
皮肉にもチームもその間好調だったわけで、なんとも複雑な感じでシーズンが終わってしまいました。。。



今シーズンは高校の大先輩である金本が監督に就任。
打者全員に対してですが、「強く振る」ことを大きなテーマとして挙げられています。

去年は2番という打順でいろいろ考えすぎて中途半端になったと本人も語ってますが、
インコースにツボがあり、プルヒッターの上本には追い風・・・って考えていいんですかね?

別に常に引っ張ればいいってわけでもないと思いますが、
迷いがなくなって強く振ることができるようになるなら打撃成績は上がるんじゃないですかね?
打率が上がれば盗塁ももっと増えてくるでしょう。
盗塁ってメンタルも重要なので、企図数だけでなく、成功率もアップするじゃないでしょうか。

打順は2番よりもやっぱり1番が一番合ってるでしょ!
じゃあ誰が鬼門の2番打つんだって言ったら鳥谷じゃないですか?あくまで今年も福留3番だったらの話ですが。
(ゴメスもヘイグも不調で福留が4番になったら、3番鳥谷かもしれませんが)

そして、毎年課題になってるのは守備。
相変わらず守備範囲は広いし、年々安定度は増してるとは思いますが、
それでも酷い時には前述のとおり、打った以上に失点に繋がるエラーしたりしてましたからね。
あとは大和の守備が神懸ってるのもあって、守備だけなら大和>>>上本って風潮があるのも事実でしょうw

西岡と大和とセカンド争いになるって言われてますが、
勿論上本にはその中でもアピールしてポジションを奪って欲しいところですが、
秋季練習では監督の勧めでセンターの練習もしており、最悪外野に回るというオプションもあるのかもしれません。

まあ外野マートンが抜けたものの、
去年江越が台頭し、明大の高山をクジで引き当ててレギュラー争いは激化必死ですが、
シーズン途中では毎年怪我人も出ますし、チャンスはいくらでもあるでしょう。

案外センターで試合に出るようになったら守備での悩みが減り、
長打が打てる赤星みたいな選手になれるのかもしれないなって密かに思ってますw

まあポジションについては巡り合わせもあるし、どうなるかはわかりませんけどね。
ただ、一軍の試合に出始めた時に代走でお立ち台に立ったり、鳥谷が突き指した時に大和がちょうど離脱中で、
チャンスが巡ってきたり等、上本はどこか「運」も持ってる選手だと思ってます。

今年は阪神「超変革」のシーズン。
上本にとっては今後野球を続けていけるか正念場にシーズンになりますが、大躍進に期待してます!





スポンサードリンク
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
ブログランキング、にほんブログ村に参加してます。
記事見て良かったらクリックして頂けると嬉しいです。励みになります。

★当ブログはリンクフリーです。
★相互リンクも募集中です。


ブログを作る(無料) powered by So-netブログ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
ブログランキング、にほんブログ村に参加してます。記事見て良かったらクリックして頂けると嬉しいです。励みになります。


2週間で球速・飛距離アップ!上達DVD    阪神タイガースチケット